古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!! 小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!講座や資料提供のご相談などお気軽にご連絡ください!!

小説・新古事記

【新古事記178】ノブナガ冬の陣

「お兄ちゃん… スサノオがオオナムヂにはなむけの言葉を贈ったのを真似してるんでしょうけど… そんなの誰もわかんないからねっ!!」 「本当によろしいのですか? 聖さんをあきらめるのですか?」 巫女さんが言った。 「もちろんですとも!! オレはお姉さん…

【新古事記177】ノブナガの春

「はぁ… そんなこと、天地がひっくり返ってもないわ…」 カナコが頭を抑えながら言った。 すると巫女さんが笑いながら言った。 「ノブナガさん… 私、ノブナガさんのような男性、好きですよ」 「ですよね…お姉さん… …って!!? え"〜〜っ!!」 カナコがおか…

【新古事記176】ンバッハブビーンの霊

お参りを終えた陽と聖にカナコが声をかけてきた。 「ヨウくん、大丈夫?」 「むっ!もやし!!? これは大変だっ!! お前にはンバッハブビーンの霊が取り憑いておる!! 早く聖ちゃんから手を引け!! それしかお前の助かる道はないぞ!!」 カナコがノブナ…

【新古事記175】トランス

「誰が下僕よ!?」 カナコが言うとノブナガが答えた。 「決まっておろうが! お前ともやしだ。 さあオレ様について来い!! カーッカッカッカッカカッ!!」 カナコは不満そうな顔をしつつ、ノブナガの後を追った。陽と聖はさらにその後を追った。 ノブナガ…

【新古事記174】世界を司る者

巫女さんは陽の目を見ながら言った。 「すごく簡単に説明すると… この世の全てを司っているのが龍神様なのです」 「龍神がこの世の全てを司る?」 聖が言った。 「はい。龍神祝詞は比較的新しい祝詞ではありますが、私はイザナギとイザナミがグルグルとかき…

【新古事記173】巫女さん、祝詞奏上

「ふふふ。 ちょっと奏上してみましょうか」 巫女さんはそういうと、目を閉じて背筋を伸ばした。そして、フーと息を吐くと胸の前で二度柏手を打った。 パンッ! パンッ!! 柏手はきれいに境内に響いた。そして巫女さんは声を発した。 「高天原に坐し坐しま…

【新古事記172】龍神祝詞

「そういえばお姉さんはこの神社が好きでわざわざ大阪から来ていると言っていましたが… それはクラオカミが好きということですか?」 カナコが聞くと巫女さんは言った。 「はい。 厳密に言うと…私はクラオカミよりタカオカミの方が波長が合いますけどね」 不…

【新古事記171】クラオカミとタカオカミ

「ああ、あのシーンですね」 聖はポンと手を叩くと陽の背後に回り、背伸びして陽のリュックを開けた。 「おい、聖〜。なにやってんだよ〜〜」 「あったあった」 聖は陽のリュックから「古事記まんが」を取り出した。そして、ページをめくって言った。 「あっ…

【新古事記169】龍神様

「はい、お姉さん。 ありがとうございます!!」 聖はすっきりとした顔で言った。 「ところでぇ〜〜」 「はい?」 「今更なんですけど、ここの神社にいる神様ってどんな神様なんですか?」 聖は巫女さんに聞いた。 「ズコー ひーちゃん、ご祭神を知らずにお…

【新古事記168】空の作り方

「そういう場合はね、紙に「空」とか「雲」って書いて神棚の上…天井に貼ればいいの」 カナコが言った。 「カナコっ!!? きさま、オレの手柄を横取りしやがったな!!」 「お兄ちゃんがいつまでと独り言言ってるからじゃ〜〜、ベロベロベー」 カナコはあか…

【新古事記167】神様に合わせた家

「一杯のお水をお供えするだけでも構わないんです。 最初から難しくすると続かないですからね。 簡単に、簡単にです」 聖は言った。 「わかりました。 いきなり結婚しようとせずに、まずはお友達からはじめてみます」 「ふふふ。 そうそう、そんな感じです」…

【新古事記166】巫女さんのアドバイス

「そ、それって私でも出来るようになりますか?」 聖が身を乗り出して巫女さんに聞いた。 巫女さんは優しく微笑んだ。 「どうでしょうね? 聖さんはとてもセンスがあるように私には見えますが…」 「え?ホントですか!?」 それを聞いた聖はニンマリした。 …

【新古事記165】巫女さん、銀河を語る

「私の能力は…そんなに特別なものではありません。 おそらく、古代では多くの人が私と同じように宇宙や…自然界の声を聞いていたはずです」 「うおおおお〜〜 燃え上がれ、オレの小宇宙(コスモ)!!」 ノブナガが雄叫びをあげるとカナコが言った。 「だから…

【新古事記164】聖、そこにシビれる憧れる〜〜

巫女さんが窓を開けたそこには、お神札やお守りが並んでいた。 「えーと… お名前は聖さんとお呼びしてよろしいかしら?」 聖は答えた。 「はい、聖です。 日を知る巫女、聖です、ふふふふふ。 名前で読んでもらえると嬉しいです」 聖は得意げに指で鼻の下を…

【新古事記163】聖の神宮大麻

「先ほども言いましたけど… あなた達のご先祖様、喜んでいらっしゃいますよ。 特に現代は神道にも仏道にも触れずに一生を終える人はとても多いのです。 その動機が何であろうと、お休みの日にわざわざ神社に足を運ぶ。それを喜ばない神様やご先祖様がいるは…

【新古事記162】悲劇の仏壇

「まあこんな話、人にすることでもないと思いますけど… 僕が子供の頃…親戚のおじさんが結婚して… ところが、おじさんの相手が新興宗教にハマっていたんですよ。 結婚後、おじさん夫婦は祖父母の家で暮らしていたんです。二世帯ってやつです。 結婚相手は親族…

【新古事記161】神棚と仏壇

聖は続けた。 「私、前回お姉さんのお話を聞いて神棚にすごく興味を持つようになったんです。 バタバタしていてまだ準備出来ていなかったんですけど…」 「えええええーーーっっ!!」 カナコが素っ頓狂な声を上げた。 「ひーちゃん家、神棚ないの?」 「え?…

【新古事記160】氏神様の話

ガツッ!! 「いってえええ!!」 カナコがノブナガの脛を蹴った。 「何するんだ!!カナコ!!」 「どさくさに紛れてお姉さんの手を握ってんじゃないわよっ!! 全く恥ずかしい!!」 ノブナガは脛をさすりながら言った。 「何するんじゃーーー!! 今日か…

【新古事記159】ノブナガのブレスレット

巫女さんは笑った。 「大丈夫ですよ。 お兄さん、左手から清らかなエネルギーが発せられていますね。 そのエネルギーがお兄さんを過去の怨念から護ってくれています」 それを聞いたカナコはノブナガの袖をまくった。ノブナガの左手首には広末さんに買っても…

【新古事記158】チャネリング

巫女さんは陽をジッと見つめてから言った。 「あなたはすごく… 我慢しているというか、自分を抑えつけていませんか?」 少し間を置いてから陽は言った。 「そうなんでしょうか? 正直、よくわかりません」 巫女さんは優しく言った。 「そうですね、みなさん…

【新古事記157】黄金聖闘士

聖は目をキラキラさせて巫女さんに聞いた。 「チャ、チャネラーって!! あのー、お姉さん!!? もしかして、守護霊様とか天使とか…龍神様の声が聞こえたり見えたりするんですか!?」 巫女さんは微笑みながら言った。 「私の場合は… 宇宙人セルシオスと交…

【新古事記156】巫女さんの正体

「私、アルバイトというか…この神社が好きで時々お手伝いさせていただいているんですよ。 時々と言っても月に1回とか2回とか…そのくらいですけど」 巫女さんがそういうと、カナコは納得した様子で言った。 「どうりで会ったことがないはずだ。 でも、ヨウく…

【新古事記155】巫女さんとの再会

4人が声のする方を見ると、そこには小柄な巫女さんが立っていた。髪にブルーのメッシュを入れている。 ノブナガは巫女さんに流し目を使いながら言った。 「うちのちんちくりんがお騒がせして申し訳ありません。本当にいつまでも小学生レベルでして」 「ちん…

【新古事記154】ノブナガの願い

「さ、ザビエルの話はそのくらいにしてお参りしましょ」 「くっ、カナコ!! 人がせっかく良い話をして余韻に浸っているのに!!風情のないヤツめっ!!」 4人は朱色の第一鳥居をくぐった。 第二の鳥居は石で出来た双龍鳥居だ。 「龍さん、また来ましたよ」 …

【新古事記153】挫折するザビエル

「ザビエルは知っての通りキリスト教の布教を目的として日本に来たわけだが…」 陽と聖は頷いた。 「おい、もやし!! ザビエルの本名知ってるか?」 「え? フランシスコ・ザビエルですよね? 歴史の授業で習いました」 聖が一歩前に出た。 「まさか!? フ…

【新古事記152】MMKT

「と、その前に… もやしよ、古事記でスサノオが泣き喚いていたシーンはわかるか?」 ノブナガは陽に聞いた。 「えっと確か… 父であるイザナギに海原を治めるように言われたけど、母に会うために黄泉の国に行きたい、と駄々をこねたんでしたよね?」 カナコが…

【新古事記152】日本初のマザコン

「おい、もやし!! お前、マザコンをバカにしていないか?」 陽は少し考えて答えた。 「バカにするというか… うーん、母親離れできない甘えん坊なイメージですね。 だがらノブナガさんっぽくないかと…」 「ふむ、それは違うな。 マザコンをオレが日本語に訳…

【新古事記151】マザコン

「グッモーニンッ!!」 カナコより少し遅れてきたノブナガは黄金に輝くスパンコールのジャケットを羽織っていた。 カナコは言った。 「こんな人と知り合いだと思われたくないじゃない? だから、少し後から来るように言ったのよ」 ノブナガのかけたミラーサ…

【新古事記150】近づいてくるキラキラ

09時58分 「おーい!!」 手を振りながら小柄な女性が近づいてきた。 「あっ、かなぶんだっ!!」 聖はそういうとその場でピョンピョンと跳ね、手をブンブンと大きく降った。 「おー、ひーちゃーん」 「おー、かなぶーん」 二人は再会を喜び抱き合った。 (…

【新古事記149】龍橋神社、再び

「よし!」 そういうと陽は「古事記まんが」を閉じた。 「聖、オレもとりあえずだけど読み終えたよ」 聖はニコリと笑うと言った。 「もう次の駅で降りるよ」 ------------------------------------ 09時35分 陽と聖は駅を降り商店街を歩いていた。 「あ、見…