古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!!小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!

スサノオ、シングルファザーの逆鱗に触れる

イザナギから国を統治するよう命じられたアマテラス、ツクヨミスサノオの三柱(神様の単位は柱(はしら)です)。

 

太陽の女神・アマテラスはその名の通り、あまねく世界を照らし、すべてのものに伸やかな力を与えていました。

 

月の神・ツクヨミイザナギの言いつけを守り、満ち欠けを繰り返しながら静かに夜の国を治め、あらゆるものに安らぎを与えていました。

 

ところが海原を治めるよう命じられたスサノオは泣きわめき、いっこうに国を治めようとはしませんでした。山も海も川も枯れ、国は荒れ放題です。

 

イザナギスサノオに訳を問うと「黄泉の国にいるお母さん(イザナミ)に会いに行きたい…」と答えます。

 

これを聞いたイザナギは激怒っ!!

 f:id:kojikista88:20161007203459p:image

 

「お前はオレの鼻から産まれたのだ!!だから母などおらんっ!!この鼻太郎がっ!!」

とは言わなかったと思いますが、イザナギスサノオに「追放」を言い渡します。

 

ところで、なぜイザナギはこんなにも激怒してしまったのでしょう?

 

「愛する妻・イザナミとの別れ」には触れられたくなかったのかもしれませんね^^;

 

よう