古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!!小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!

ヤマサチ、だらだら生活に終止符を打つ

~これまでのお話~

 

無事にウミサチの釣り針を取り戻したヤマサチ。オオワタツミはヤマサチのバックアップを約束し、さらに海の宝をくれました

 

kojikista88.hatenablog.com

ヤマサチは答えました

 

「お義父さん、ありがとうございます

 

 早々に地上に戻り、兄に釣り針を返したいと思います

 

 そして・・・」

 

オオワタツミは言いました

 

「うむ、もう戻られますか・・・

 

 そうですな、早い方が良いでしょう」

 

そして大きな声で続けました

 

「これよりヤマサチ殿が地上へ戻られる!

 

 誰かどのくらいで行って帰って来れるかわかるものはいるか?

 

 道中、けっしてヤマサチ殿を怖い目に会わせてはいかんぞ」

 

その時、一匹の一尋和邇(ひとひろわに:サメのこと)が答えました

 

「オレなら一日で往復できます」

f:id:kojikista88:20180904053813p:plain

※一尋とは、人が手を広げたサイズである…とか8尺だ…とか言われています

 

「よし!頼んだぞ一尋和邇!!」

 

急に帰国することになったヤマサチ。妻のトヨタマビメは動揺しました

 

しかし、そんな姿は見せまいと気丈に振舞いました

 

「ヤマサチ様、この三年間、私はとても幸せでした

 

 これが永遠の別れとなるやもしれません

 

 しかし、どれだけ離れていようとも・・・

 

 お慕いいたしております

 

 必ずや地上の王になってください」

f:id:kojikista88:20180904054711p:plain

 

よう

 

 

御礼!!

和歌山古事記はなんと70名以上の方がご参加してくださいました!!本当にありがとうございました。熱く御礼申し上げます。