古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!!小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!

コジキノキジ ・フォーエバー②国生み~黄泉の国へ

~これまでのお話~

kojikista88.hatenablog.com

国生み

 

二人は地上に戻り…

 


宇宙の神様のアドヴァイス通り、今度はイザナギから声をかけました

 


ナギ「なんて可愛い女子なんだっ!!」

 

f:id:kojikista88:20190215210523p:plain

ナミ「なんてイケメンなの!!」 


そして二人が結ばれると…

 
どんどん国(島)が誕生しました

 

f:id:kojikista88:20190215211139p:plain



最初に淡路島が誕生し、

 

続いて…


四国

 

壱岐島

 

対馬

 

佐渡島

 

最後に

 

本州

 

が誕生しました

 

その後、小さな島々が続々と誕生し・・・

 

日本の国土が完成したのです日本は島=神様なのです。

 

f:id:kojikista88:20190215211156p:plain


次にイザナギイザナミは島に宿る神々を生みました。

 
風、石、波、家、土、岩…

f:id:kojikista88:20190215211847p:plain



森羅万象に神が宿る…それが日本です。

 


こうしてどんどん世界が賑やかになっていきました。

 

イザナミの死

 

順調に神生みを続けたイザナミでしたが・・・

 

ナミ「ぎゃーーーー」

 

ナギ「どうした?イザナミ!!」

 

イザナミの悲鳴にびっくりしたイザナギは急いでイザナギの元へ駆け寄りました

f:id:kojikista88:20190215211913p:plain

イザナギは火の神を生もうとして大やけどを負ってしまったのです

 

「こ、これはひどい・・・」

 

イザナギイザナミの看病をはじめました

f:id:kojikista88:20190215211952p:plain

「はやくよくなっておくれよ・・・」


火傷を負ったイザナミは、寝込みながらも神生みを続けます。

 
ナギ「もう生まなくていいんだよ」

 
イザナギは無理をするイザナミを一生懸命看病しました。

 
しかし、イザナミの容体はいっこうによくなりません。


そしてついに…

 
イザナミは死んでしまいました。

 


ナギ「イザナミ…」

 

愛する妻を失ったイザナギの瞳から一粒の涙がこぼれました

 

f:id:kojikista88:20190215212121p:plain

この涙はナキサワメという女神となりました

 

日本では「哀しい」というエネルギーも神様なのです

 

ナギ「ええい!!」

 

ズバッ!!

 

f:id:kojikista88:20190215212145p:plain

イザナギイザナミの命を奪った火の神・ヒノカグヅチを斬り殺しました

 

ヒノカグヅチの血が飛び散り、そこからも様々な神が誕生しました

 

イザナギイザナミの遺体を比婆山に埋葬しました

 

f:id:kojikista88:20190215212215p:plain

しかし、妻を失った悲しみは癒えません

 

黄泉の国へ

 

ナギ「よし!

 

   イザナミ、待ってろよ

 

   必ず連れ戻して見せる!!」

 

イザナミイザナミを連れ戻すため、固い決意を胸に黄泉の国(よみのくに:死者の国のこと)に向かいました

 

黄泉の国派薄暗くジメジメした辛気臭い世界でした

 

どのくらい進んだでしょうか・・・

 

イザナギは黄泉の館に到着しました

 

館の扉は堅く閉ざされています

 

イザナギは思い切って声をかけてみました

 

ナギ「おーい、イザナミ!!

 

   迎えに来たよ

 

   一緒に帰ろう

 

   まだ国造りは途中だよ

 

   お前がいなきゃ国造りもできやしない

 

   それにオレは寂しくてたまらないんだ」

 

ギギギギギ・・・

 

扉が開き中から声が聞こえてきました

 

ナミ「まぁ、イザナギ様!!

 

   こんなところまで迎えにきてくれたのですか!

 

   イザナミ、嬉しい♡」

 

声の主はイザナミでした。しかし、辺りは薄暗くイザナミの姿は見えません

 

懐かしい声を聴き、イザナギは嬉しくなりました

 

ナギ「ああ、愛するイザナミ、会いたかったよ

 

   さぁ、一緒に帰ろう!!」

 

ナミ「・・・・・」

 

ナギ「どうしたんだ、イザナミ?」

 

イザナギイザナミに駆け寄ろうとしました

 

ナミ「ストップ、イザナギ様」

 

ナギ「???」

 

ピタッ!!

 

イザナギは不思議に思いましたが慌てて駆け寄るのをやめました

 

イザナミは続けました

 

ナミ「迎えに来てくれて嬉しい・・・

 

   でも、なんでもっと早く来てくれなかったの?

 

   わたし、もう黄泉の国の食事を済ませてしまいました」

 

これを黄泉戸喫(よもつへぐい)と言います。

 

黄泉の食事を一緒にしたということは、黄泉の一員になったという意味を含むのです

 

イザナミは続けました

 

ナミ「でも、イザナギ様と一緒に帰っていいか・・・

 

   黄泉の神々に相談してみます

 

   それまで絶対に館の中に入らずに待っていてくださいますか?」

 

イザナギは即答しました

 

ナギ「もちろんだ!!

 

   一緒に帰れるならいつまでだって待つさ」

 

ナミ「ありがとう、イザナギ

 

   絶対に・・・・

 

   中を

 

   見てはいけませんよ」

 

イザナミは念を押すと館の中に姿を消しました

 

 

 

 

 ⇒TO BE CONTINUED

 

イベントのお知らせ

 

平成31年2月17日

『日本の神様と仲良くなる~東京十社めぐり①~』

 

子連れOKの神社参りです。イラスト付きテキストで神様のことをわかりやすく解説します。

 

参拝先:赤坂氷川神社&山王日枝神社

日時:平成31年2月17日(日)9:50~12:00

集合:9:50 千代田線赤坂駅5B出口

料金:2,000円(高校生1,000円、中学生以下無料、家族パック3,000円)

お申込み・お問い合わせ

Facebook日本の神様と仲良くなる〜東京十社めぐり①〜

メール→umi.hitsuji88★gmail.com

(★を@にかえてください)

 

  

平成31年3月9日

『ようさんと古事記in倉敷』

 

日時:3月9日(土) 10:00〜14:30 (開場9:30)
場所:倉敷物語館 多目的ホール
倉敷市阿知2丁目23―18 086-435-1277)
費用:4000円(テキスト、美味しいお弁当(努力)、お茶代込み)
 
スケジュール:古事記講座➡︎お昼ご飯➡︎古事記講座続き➡︎阿智神社参拝⛩(ようさんの解説付き)……ここからは希望者➡︎自由時間(倉敷の町散策など)➡︎懇親会(会費3〜4千円程度で探します🍺)……
 
楽しいイラストテキストを使いながら、
日本の国のはじまりの物語、古事記を楽しく読み解く講座です。
 
古事記は日本のはじまりの物語、簡単にいうと私たちのご先祖様のお話です🤗
 
たくさんのキャラの濃い神様たちがわちゃわちゃ、てんやわんやするお話の中から
現代に生きる私たちのルーツを知ることが出来ます。
日本に生まれて良かった!❤️
古事記を知ると、生きてるのが楽しくなりますよ〜☺️
目からウロコやら尻尾やら、いろいろ落ちますよ〜☺️
 
そして、洋さんの講座のお楽しみは、脱線祭り🕺
中でも、日本語の音の響きが持つ意味を知ると感動しますよ✨
自分の名前が誇らしくなる!
虫の声や、やかんが湧く音も愛おしくなります。ピー!
 
お昼休憩は、皆さんでお弁当を食べながら交流会をします。
終わった後は、白壁の町並みを散策してたくさん倉敷を満喫してくださいね🤗
ご希望の方は、懇親会で一緒に飲みましょう😁👍🍺
 

お申込み・お問い合わせ

Facebook

www.facebook.com

メール→umi.hitsuji88★gmail.com

(★を@にかえてください)

 

主催:にっぽんの祝日カレンダー・後藤佳奈