古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!!小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!

【新古事記024】帰ってきた朴さん

15時00分


航は寝るのを諦めた。


今夜も夜勤がある。航は夜に備え身体を休めておきたかったが、今日は気持ちがそわそわしてしまい、寝ていられなかった。


18時から、10年来の友人の出版トークライブが名古屋で予定されていた。航は仕事が控えていたし、名古屋まではとても足を運ぶことは出来なかったが、感慨深いものがあった。


「10年…いや、もう12年か」


夢を叶えどんどん活躍の場を広げていく彼の姿が眩しかった。そして、遠くへ行ってしまうようで寂しくもあった。でも、こんな日が来ることを、彼の素晴らしい人生を、航は心の奥でずっと願っていたし、信じていた。


----------------------------------------

 

22時50分


「おはようございます。


あら、氷川さん、お久しぶり。まだ辞めてなかったんだ」


そう笑いながら姿を現したのは、朴さんだった。彼女は10日間ほど韓国へ帰っていた。


「お久しぶりです。またよろしくお願いします」


航は言った。


「相変わらず真面目ですねー


仕事は慣れましたか?


これ、みなさんへお土産です」


そう言ってバッグから取り出して机に置いたのは、韓国海苔だった。


00時10分


航は一人でレジを占める作業をしていた。現金を数え、パソコンの画面と照合し、今日一日の売り上げを伝票に記入した。航は昔から数字が得意ではなかった。間違いのないよう何度も繰り返し現金の枚数を確認した。他の人の何倍も時間がかかる。


その間、陽と朴さんはフロントバックにいた。その会話が航の耳にも入ってきた。


「朴ちゃん、転職活動はどう?」


「うーん、思わしくない。私、この職場好きだし。辞めるのやめようかと…ちょっと思ってる」


朴さんは会社に退職する意思がある旨を伝えて、転職活動をおこなっていた。


「オレ、この間、三木部長と面談をお願いしたんだけどさ。ドタキャンになっちゃって…」


「三木部長と!!?私はそんなのしたくないなー。でも、今のままの給料じゃ聖と結婚できないもんねー」


朴さんは冷やかすように言った。


「だって手取り18万円とかだぜ?10年間据え置きだし、ボーナスもないし…」


航はそれを聞きながら、12年前の自分と陽の姿を重ねた。


二人の会話はエスカレートしていた。


「世代間の給与格差がありすぎだよな」


「ヨネさんはいいよねー、勝ち組か、逃げ切り組か」


「朴ちゃん、それ言っちゃダメ」


「はーい、冗談冗談」


航は現金を黒いバッグにまとめ、金庫の中に入れた。それを見た朴さんが言った。


「氷川さん、仕事早くなったね」


「師匠のおかげですよ」


「え?師匠って、アタシ?アタシ?


ようちゃん、聞いた?


今日から師匠って呼んでね」