古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!!小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!

【新古事記040】21歳の片想い

21時50分


スマホのアラームが鳴った。


家の中は静まり返っていた。妻も娘ももう寝ていた。


航は出来るだけ音を立てないように顔を洗い、歯を磨き、髪を整えた。


-----------------------------------


22時45分


今日の勤務は、電車大好き3年目の21歳・掛川さんと、総務から異動になった58歳・米澤さんが一緒だった。


米澤さんが仮眠に入り、掛川さんと二人になった。


「このレポートの作り方、もう教わりましたか?」


掛川さんが航に聞いて来た。


「はい、それは浅間さんに教えていただきました」


そう答えた航に掛川さんは言った。


「ああ、浅間さんに教わったなら安心ですよ」


「浅間さん、良い人ですよね」


「ええ。氷川さん、聖さんはわかります?」


「はい。ほとんど話したことはありませんけど。浅間さんの彼女さんですよね?」


「そうですそうです。僕、あの二人みたいになりたいんです」


航は「彼女はいるんですか?」と聞こうとしたが、すんでのところで違う言い方に変えた。


掛川さん、まだお若いけど結婚とか考えているんですか?」


掛川さんは恥ずかしそうに言った


「はい。早く結婚したいです。


でも、僕みたいに趣味が電車とか読書とかだと…あまり女性との接点がありません」


航は的確な分析が出来ていると思いつつ言った。


「でもまだ21歳でしょう。


僕が21歳の頃なんて、とても結婚したいなんて思わなかったですよ。


なんというか、結婚したいと言えるのは立派だと思いますよ。


それに僕は入れ替わりなんで詳しくわかりませんけど、昼間の勤務に若い女性、結構いるじゃないですか?」


掛川さんは髪を撫でながら恥ずかしそうに言った。


「いやー、この間も河村ちゃんに…あ、河村ちゃんって僕の1年後輩なんですけど…彼女に電車の写真見せたら引かれちゃって…


あ、僕、写真も撮るんですけど。カメラもお金かかるんですよー。ほら駅前に大きな家電量販店あるじゃないですか?よく立ち寄ってます。ポイントカードなんて5万ポイント超えてますよ。


で、この間は河村ちゃんに…」


掛川さんは堰を切ったように話し始めた。


(わかりやすいな。河村ちゃんって子が好きなのか)


航は止まらない掛川さんのトークに言葉を挟んだ。


「さっき読書っておっしゃいましたけど、何かオススメの本ってありますか?僕も読書は好きなんで」


「あ、そうなんですね」


掛川さんはそう言うと、嬉しそうな顔をした。そして、すぐに自分のバッグを開け何かを取り出した。


「今は通勤中にこれを読んでいます」


それは若手起業家の書いた成功法則の本だった。


それを見た航は言った。


自己啓発本ですか?」


「はい。最近は自己啓発の本ばかり読んでいます。今のうちから自己研鑽しておくことは大事かと思いまして」


航は意外に思うと同時に、大したもんだ…と思った。


「いやぁ、僕が掛川さんの年代の頃、自己研鑽なんて言葉知らなかったと思うな。実際、自己啓発というジャンルの本があると知ったのも33〜34歳くらいの頃でしたよ」


すると今度は掛川さんが聞いてきた。


「氷川さんのオススメの本はありますか?」


「僕も色々読みましたけど…


実は自己啓発本には今はほとんど興味がなくて…


古典は若いうちに読んでおけば良かったと後悔していますね。


そうだな…個人的にはアドラー心理学古事記は外せないと思いますね」


「ああ、アドラー。聞いたことあります。まだ読んだことないけど。ありがとうございます。古事記は…歴史ですね?」


そして、続けて言った。


「あ、もうこんな時間。氷川さん、先に休んでください。戻りは4時でお願いします」