古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!!小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!

【新古事記043】神社デート

08時30分


陽と聖は新宿で黄色い電車に乗り換えた。陽は久しぶりの満員電車に辟易としていた。


すでに自宅を出てから1時間以上が経過していた。そこからさらに10分程度電車に揺られ、二人は目的の駅で降りた。


「うえー、疲れた…」


満員電車にぐったりする陽とは対照的に聖の声は明るかった。


「懐かしいね。ヨウ、覚えてる?」


3年前、二人は一度だけこの街に来たことがあった。その昔、街おこしの一環として始められ、今ではこの街の代名詞になっている阿波踊りを見に来たのだ。


「もちろん覚えてるよ。あの時に飲んだビール、うまかったよなー。ビールマイスターのお店でさー」


しかし、陽は今日のデートは気持ちが乗らなかった。


(聖と休みが合うこと自体が少ないのに、よりによって神社参りだなんて…)

世間で神社仏閣巡りがブームになっていることは何となく知っていた。しかし、陽にとって神社やお寺はお年寄りの行く場所でしかなかった。


(とっとと終わらせてショッピングモールでも行きたいな…)


聖はスマホの地図アプリで目的の神社の場所を調べた。


「ヨウ、こっちだよ」


聖は手のひらを上下に動かし、陽を呼んだ。陽は歩き出す聖の背中を追ってしぶしぶ歩き出した。


聖は昨日届いたTAKUYAさんの本に出てきた神社に無性に行ってみたくなったらしい。


もっとも、聖が神社に行きたいと言い出したのは今回が初めてではなかった。名古屋に引っ越してしまった親友の奈帆ちゃんがいる頃は、時々2人で神社巡りをしていた。陽も誘われることはあったが、なんだかんだと理由をつけて避けることが多かった。


駅から15分くらい歩いただろうか?


住宅地を抜けると木々が見えてきた。こんもりとしたその杜の入り口に赤い鳥居が立っていた。


鳥居の中央上部には「龍橋神社」と書かれていた。


「あ、あれだわ」


聖は陽の腕を引っ張った。そして、鳥居の前で深々と一礼をすると、すぐに右手で陽の背中を押し一礼するよう促した。陽はぎこちなく頭を下げた。


「うわー」


鳥居をくぐると聖は感嘆の声をあげた。


「ここ、空気が澄みきっているね」


陽はそれに対して何も答えなかったが、心の中ではこう思っていた。


(確かに。なんと言うか清々しい感じがする…そんな気がしないでもない)