古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!!小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!

【新古事記085】実家暮らし

「次の日も会社には行きませんでした。次の日というか…それからずっと。


結局、事件?から1カ月くらいで会社を辞め、実家に戻ることになりました。


迎えに来た父に胸ぐらをつかまれ、僕は思わず目を背けました。殴られるかと思いましたけど、しばらくすると父は手を離しました。


帰りの車中は父も母も僕も…一言も言葉を発しませんでした。僕は後部座席に座り、窓の外を見ていました。


アクアラインで海を眺めていると、すごいスピードでスポーツカーが走り去って行きました。きっと僕とは住む世界が違う人が運転しているんでしょう。それを見てとても惨めな気分になりました。


こうして、僕の社会人生活は約6カ月で終わりました」


陽の話を航は真剣に聞いていた。


「実家に戻ってからも、家の中にこもってきました。


一度、朝早くにゴミ捨てのために家を出たら、隣のおばさんに会ってしまって…向こうも事情を知っていたんでしょう。軽く会釈してくれて…それはそれで惨めで。ますます家を出たくなくなりました。


ある日、父が僕の部屋に怒鳴り込んできました。殴られはしませんでしたが、突き飛ばされました。自分の息子が引きこもっている事実が許せなかったんでしょう。


その夜、一緒に暮らしている弟が飲みに誘ってくれました。弟は3つ下でしたが、進学はせず高校を出て働いていました。


うちはまぁ…そこそこ父が怖くて、子供の頃からいつも父の機嫌を伺っていました。子供の頃は父の心を読もうと神経をすり減らしていましたね。


その父に対抗するってわけではないですけど、弟とはいつも力を合わせている感じがありました。弟には心から感謝しています。


で、弟と何を話したかは覚えていませんけど…僕にとって弟は親友みたいな存在でもあったんです。


その翌日、母がスーパーに買い物に行った帰りに求人誌を持って来てくれました。


折ってあるページを見たら、ホテルのフロント募集の記載がありました」