古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!! 小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!講座や資料提供のご相談などお気軽にご連絡ください!!

【新古事記093】悟り

「科学は素晴らしいものです。それは間違いありません。


しかし、それと引き換えに僕らは大切なものを失ったのかもしれません。


日蝕を例にあげましょう。太陽が欠けて見えるのは月が太陽に重なるからです。そんなの誰でも知っていますよね。


しかし、古代人が日蝕を見たとき…それは恐ろしかったでしょう」


「確かに…相当の恐怖だったかもしれませんね」


日蝕は1つの例ですが、この世の現象を解明していくことで、僕らはregion…畏れ多いという気持ちを抱く機会を失っていった。


極端かもしれませんが、例えば神棚や仏壇を軽視し、自ら繋がりを手放していった。結果、多くの人が心に不安を抱くようになった。


僕はそんな風に思っています。


浅間さん、親元を離れ社会人としてスタートした時にものすごい孤独感を感じませんでしたか?」


「それは…感じました。でも、きっと…それはみんな同じでしょう?」


「僕もずっとそうでした。そして、33歳の時、答えを探して迷走を始めたのです。


エスカレートした僕は、やがてスピリチュアルに傾倒していったわけです。笑われるかもしれませんが、なんでもやりましたよ」


航はアイスコーヒーを一口飲んだ。


「インドのマントラを唱えたり、毎朝瞑想をしたり。能力者がいると聞けば会いに行き、何万円もするヒーリングを受けたり…とにかく必死でした」


陽は目の前にいる人がそんな人生を送ってきたのが不思議だった。


「いったい、氷川さんは何を求めていたのですか?」


「なんでしょうね…最初は好きなことで稼いで幸せに生きたい、同級生のあいつらより上に行きたい…そんな気持ちだったと思うのですが…。

 

一言で言うと…悟りですね。マントラを唱えたり、瞑想をしたり…そんなことをしていれば、やがて目覚めると言うか…そう言う瞬間が来て幸せになれるんじゃないか、そんな風に思っていました」


「それで、その瞬間は訪れたのですか?」


「いえ、残念ながら」


航は笑った。