古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!!小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!

【新古事記131】差

「うわー、古事記ってなんなんだ!?


なほほんのこの感動はなんなんだ!?」


あたしもこなんさんに会いたいわー!!


ぬおーーー」


聖は立ち上がって頭をかきむしった。


「…聖、落ち着けって…。


でも、奈帆ちゃんのこのメッセージ。


なにかをつかんだというか、確信めいたものに触れたのかもしれないね」


聖はコクコクと繰り返し頷いた。


「うーん、それに比べて我々は…


古事記の冒頭から躓いておる。


このままでは、なほほんとの距離は広がるばかり…


ヨウ!絶対こなんさんのお話会に行こうね」


「そうだな。忘れずに休みの希望を出そうな」


聖は少し驚いた顔をした。


「ヨウ、本当に積極的だね」

 

「そっか?」


そう答えると陽は時計を見た。


「うーん、まだ早いかな?」


「え?なにが?」


「氷川さんに送るメッセージだよ」


聖は目をキラキラさせた。


「忘れていたでござる!


我らには氷川さんがいるのだ!


西のあびこなん!


東のひかわん!


待っておれよ、なほほん!!」


「ひかわんって誰だよ…


そんなこと言うとさすがに怒られるぞ」


-------------------------------


21時30分


ピリリリピリリリ


「時間か…」


夕食後、1時間ほど眠った。こういった小さな睡眠が意外に大切だったりする。


航はスマホのアラームを止めた。


「おや?」


スマホに新しいメッセージが届いていた。


「浅間さんか。


仕事のことかな?」


航は陽からのメッセージを開いた。