古事記スクール

日本人のOS古事記を全ての日本人に!!小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!

心と身体の声を聞く話

先月のこと…


久しぶりに高校の同級生とビアガーデンに行きました。たくさん食べてたくさん飲みました。

f:id:kojikista88:20191005155033j:image
f:id:kojikista88:20191005155030j:image
そして、翌朝…


眉間から右目尻、おでこと頭に湿疹が出ました。あまりに突然だったので、


「食べ物に当たったのか?」


と思いました。


しかし、しばらくしても湿疹は消えません。


「うむ、これは運動不足だ!」


と自己判断をした僕は、その夜久しぶりにフットサルに参加し、身体を追い込みました。


そして、翌朝…


やっぱり湿疹は消えません。むしろ、広がっています。


連休で病院も休みだったので、近所のク〇エイトに行き塗り薬を買いました。


そして、翌朝…


やっぱり湿疹は消えません。


連休が明けた火曜日、朝一で病院に行きました。先生は見た瞬間に言いました。


帯状疱疹ですね」


(ちなみに帯状疱疹の薬であるアメナリーフは1錠1500円弱でした…)


そして翌朝…


症状はかなり良くなっていました。薬ってすごい(・Д・)!!


そして、レンタカーを借り、仲間たちと神社巡りの旅に出かけました。

f:id:kojikista88:20191005155634j:image
車内はワイワイと楽しい雰囲気でいっぱいです。


そして…


なぜか話題は「心と身体の話」になりました。


「心だけにアプローチをしてもダメ、身体だけにアプローチをしてもダメ。両方大切」


「しっかりと心と身体に耳を傾けよう」


まさに今の僕に必要なお話でした。。。


そして一日が終わり、最後のお一人をお送りした際…


こんな本をプレゼントしてもらいました^ ^

f:id:kojikista88:20191005155146j:image
早速読んでみたのですが…


マインドフルネスの書籍って、フワッとというかボヤっとというか…「なんとなく感」のものが多いと思うんですよ(僕だけかな?)。


しかし、この本の著者である川野泰周さんは、お寺のご住職でありながら、精神科診療にあたっているお医者さんでもあるのだそうです(・Д・)!!


例えば「ストレス」という言葉。みんな何気なく使っていると思うのですが、では「ストレス」はどうして起こるのか?なんてことも丁寧に書かれています。


他にも…イライラには「前頭葉の機能に関係している」なんてことも書いてあって、そのイライラの軽減法なども説明されています。


その他にも住職さんの目線から「禅の教え」なども引用されていて、とても読みやすくわかりやすい内容になっています。

 

ちょっと最近元気がない…

 

仕事で失敗続き…

 

身体の調子が上がらない…


そんな方がいたら是非読んでみてくださいねー

 

会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン https://www.amazon.co.jp/dp/4799107755/ref=cm_sw_r_cp_api_i_F2dMDbJ8DNAAS


よう