古事記すくーる

日本人のOS古事記を全ての日本人に!! 小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!講座や資料提供のご相談などお気軽にご連絡ください!!

【新古事記187】M・O・G

「わぁ〜〜、いい歌ぁ〜〜」


カナコがパチパチと手を叩いた。


「でしょ〜〜」


「うんうん!!


ちょっと音程ずズレてるところもかわいかったよ、ひーちゃん!!」


「えっ?音程ズレてた?


は、はずかしー!!」


聖は両手で顔を覆った。


「うううっ…


うう…


なんて、、、


な、なんて素晴らしい市歌だっ!!」


ノブナガが目頭を押さえていた。


「ノ、ノブナガさん!!


そんな大げさなっ」


聖が驚いて言った。


「私、横浜市歌が大好きだし、この歌を聞いたり歌ったりすると横浜で育って良かったなーって思うんです。


なんていうのかな…誇りを持てるっていうと大げさだけど、そんな感じなんです。


古い歌だから言葉使いが難しいし、実は歌の内容はよくわかってないんですけどねー


メロディもいいでしょ?


されば〜港のぉ〜〜


のところで変調するのも大好き」


ノブナガが聖に聞いた。


「聖ちゃん、横浜市歌って誰が作詞作曲したの?」


「え?


えっと〜〜


誰が作曲したかはわかりませんけど…


作詞したのは森鴎外だって聞いたことがあります」


「な、なんと!!


森鴎外がっ!!


それは意外っ!!」


カナコはノブナガのダジャレに気づかないふりをして言った。


「もりおーがい?


確か教科書に似顔絵が載ってたわよね?


スキンヘッドで横顔のヤツでしょ?


ま、私の教科書の森鴎外はレイヤーカットにデザインパーマみたいな髪型になってたけどね。


落書きしてジュリーっぽくしたのよ、懐かしなぁ〜〜


壁際に寝返りうぅて〜〜🎶

背中で聞いてるぅ〜〜〜〜🎶」


カナコは歌い出した。


「カナコ、うるさい!!


歌うのやめろ、ストップだ!!」


ノブナガはカナコの歌を止めようとしたが、カナコは自分の世界に浸っていた。


「せめて少しはカッコつけさせてくれ〜〜


寝たふりしてる間に〜〜出て行ってくれぇ〜〜🎶


アア〜アアア〜〜アアア〜〜アア〜〜🎶」


「くっ、こうなったカナコを止めるのは至難の業…


仕方ない…


勝手にしやがれっ!!」