古事記すくーる

日本人のOS古事記を全ての日本人に!! 小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!講座や資料提供のご相談などお気軽にご連絡ください!!

【新古事記190】極空ラーメン

「本当にここにするのか…


オレ様は気がすすまないのだが…」


4人は「極空(ごくう)ラーメン」の前にいた。


陽はそっと店を覗いた。お昼時なのに店内はガラガラだった。


「たしかに…お客さんぜんぜんいませんね」


「だろう?


昔はオレ様も良く食べに来ていたんだ。


しかし最近は味が落ちてな…久しく食べに来ておらんかったのだ」


「わたし、近所だけど来たことない。


たしかに昔は評判良かったよねー」


カナコが言った。


「でも〜〜


気になるんですよね、岡山ラーメン」


聖はミラーサングラスを少し下にズラし、裸眼で店内の様子を伺った。


「ひーちゃん、大門みたい〜〜


カッコイイ〜〜


…って!!


岡山ラーメンじゃなくて和歌山ラーメンっ!!


ブヒー」


カナコが聖に抗議した。


店舗の外壁には求人募集のポスターが貼られていた。陽は声を出しながらそれを読んだ。


「学歴不問・前科不問…


先輩も後輩も、スタッフはみんなオール前科!!


ひどいコピーだな…


オレ、こんなところで絶対働きたくないや」


ポスターの右下には創業者の顔写真が載っていた。髪型は白髪混じりのVカット、スクエア型のメガネをかけている。年齢は50代半ばくらいだろうか。


「この人…ノブナガさんより人相悪いですね…」


「キャハハハハ!!


ヨウくん、もっと言え!もっと言え〜〜!」


「もやしっ!きさま〜〜っ!!」


「お兄ちゃんとヨウくん、仲良くなってきたね〜〜」


カナコはニヤリとした。


「ちっ!!」


ノブナガは舌打ちするとさらに続けた。


「聖ちゃん、悪いことは言わない、ここはやめておこう。


この商店街、美味しいお店いっぱいあるから」


「聖、オレもそう思う」


陽はノブナガに同意した。