古事記すくーる

日本人のOS古事記を全ての日本人に!! 小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!講座や資料提供のご相談などお気軽にご連絡ください!!

【新古事記195】秘伝のスープ?

「うわー!!おいしそー!!


これが岡山ラーメンかー!!」


聖が手を組んで嬉しそうに言った。


「岡山じゃなくて、和歌山よ、ひーちゃん…」


カナコが少し悔しそうに言った。


ノブナガはどんぶりに鼻を近づけ匂いを嗅いでいた。


「クンクン…


うーむ、香りは悪くないな」


「いただきまーす!!」


聖は胸の前で手を合わせるとレンゲで豚骨醤油ペースのスープをすくった。


「おいしいっ!!」


聖の声を合図にカナコと陽が続いた。


「うん、おいしいっ!!」

「うん、うまい!!」


カナコは店員の女性に言った。


「お姉さんっ!!


おいしいですっ!!」


「そやろ〜〜」


女性は得意げに言った。


「岡山ラーメンって醤油豚骨なんですね。


横浜の家系も醤油豚骨だけど家系よりあっさりしてますね」


「ヨウくん…


和歌山だってば…


ワザと言ってるじゃろ?」


「あ、すみません。


ま、正直なところ、和歌山も岡山も似たようなもんですよ、こっちの人間からしたら。


スウェーデンとノルウェーみたいな?」


「ちょっと、ヨウくん???」


カナコの目は少しつり上がっていた。


「和歌山ラーメンやない


中華やっ!!」


「ちゅうか?」


カナコが聞いた。


「そーやよ


和歌山ラーメンのこと、地元の人間は中華って言うんやよ」


「へーーー」


「クンクン…


うーむ、大丈夫だろうか?」


「え!?


ノブナガさん、まだ食べてなかったんですか?」


「もやし、お前にはわかるまい…


前回来た時は…


まるで使い古されたスリッパで出汁を取ったようなスープだったからな…


脳内であの味が再生されていまい、怖いもの知らずのオレ様でもさすがに躊躇してしまうのだ」


「え?スリッパ???」


陽と聖が固まった。


「ちょっと!!お兄ちゃん!!

 

店員の女性が声を出して笑った。

 

「スリッパて!!

 

イケメンのお兄さん、おもしゃいの〜〜」


「ちょっとお兄ちゃん!人が食べてるのに変なこと言わないでよっ!!


いいから早く食べなさいよっ!!」


「そう慌てるな」


ノブナガはそういうとテーブルの上に手を伸ばした。