古事記すくーる

日本人のOS古事記を全ての日本人に!! 小説、イラスト…カジュアルに古事記を広めます!講座や資料提供のご相談などお気軽にご連絡ください!!

江の島に鎮まる神

先日、家族で江の島に行ってきました。どうしてもお参りしたい神社があってですね。

 

普通、江の島というと、江島神社が有名です。大人気です。この日は茅の輪も出てました。しかし、今回の僕の主目的は江の島神社でなく、児玉神社でした。

 

児玉神社のご祭神は児玉源太郎命です。人格神ですね。

 

児玉源太郎…恥ずかしながら、僕はこの歳までまったく知らなかったです。

 

最近ですね、あるきっかけで、小林よしのり氏の「台湾論」という本を読んだんです。すごく良い本です。なぜ台湾が親日国家なのかよくわかりますし、僕と同じで近現代史がわからない方のとっかかりにもすごく良いと思います。

 

児玉源太郎は日本が台湾を統治していた時代の第4代台湾総督を務めた方なんですね。それだけじゃなくてですね、軍略の才と政治手腕も優秀で、陸軍大臣・陸軍学校長・文部大臣・内務大臣…部下に優しくお酒の飲み方も美しい…とにかくすごい人なんです。惚れ惚れします。

 

台湾論を読み終えたのち、あるFBF(Facebookのお友達)の投稿で「江の島に児玉源太郎を祀った神社がある」ことを知りました。

 

その時「あれ?」って急に記憶が甦ったんですね。何年か前に、江の島に行ったとき、ひっそりした神社があったんです。境内には誰もいません。江島神社にはたくさん人が来るのに、この神社には誰もいなかったんです。その時は「なんだか偉い人がお祀りされてるんだなー」くらいの気持ちで、一人で手を合わせて帰って来たんです。その時の記憶が甦りました「あそこだ!!あそこが児玉神社だったんだ!」って。

 

ちなみに、生前、児玉源太郎が江の島をたびたび訪れたため江の島に鎮座しているそうです。江の島を愛していたんですね。

 

事前に少し、下調べしましてですね、献燈は満州と台湾関係者で占められていて、造営に際しても、台湾から多くの寄贈を受けています。鳥居、燈籠の寄進にとどまらず、社殿は阿里山の檜を用いた総檜造。ちなみに扁額は李登輝が描いたそうです。児玉源太郎が台湾の方々に愛されているのがよくわかりますね。

 

さて、二度目の児玉神社。前回のオレとは違うぜ!

 

ところが、神社は立ち入り禁止。由緒書きなどにブルーシートが被されていました。

 

改修であって欲しいと思ったのですが、ネットの情報によるとどうも競売にかけられているようです。2019年11月頃みたいですね(あくまでネット情報です)。

 

僕、神奈川県民なので。これまで何度も江の島には来たことがありました。それなのに、何も知らずにいて本当に不甲斐ないです。

 

台湾総督を務めた児玉源太郎の方針は「同じアジア人として台湾近代化に尽くす」というもので、インフラを整備し、台湾経済は劇的に改善しました。台湾が今も親日国なのは、児玉源太郎をはじめ、台湾近代化のために尽力した日本人たちの存在があるからなんですね。

 

その台湾の人たちから多くの応援を得て造営された児玉神社。その児玉神社の現状がこんなことになっていて…台湾の方にも申し訳ないですし、本当に残念で仕方ありません。

 

もし、近現代史を多くの日本人が学んでいれば、日露戦争の英雄、日本を守ってくれた児玉源太郎のことを知っていれば…こんなことにはならなかったかもしれません(ちなみに日露戦争に必要だった20億円を用意するため、児玉源太郎は渋沢栄一の元を訪れたという話もあるようです)。

 

歴史を学ばない国は滅びる…本当にそうですね。児玉神社の競売の金額は5,862万円とのこと。

 

しかし、児玉神社のHPを見ると今年の1月に更新された形跡があります。更新されていると言うことは一縷の望みがあるのでしょうか?

f:id:kojikista88:20210406093629j:image
f:id:kojikista88:20210406093620j:image
f:id:kojikista88:20210406093634j:image
f:id:kojikista88:20210406093625j:image

今後どうなるのかわかりませんが児玉神社の再興を信じたいと思いますし、出来ることがあれば微力ながら応援させていただきたいと思います。